TOPICS -トピックス-

2016.03.31

【グッズプレゼント有り】セブンファン必見!あの「ウルトラアイ」が眼鏡に!?【#ウルプレ 】

 

※【#ウルプレ】商品プレゼントへの応募方法は、本ブログの後半にあります。

 

ご無沙汰しております、トロです。

今回はちょっとファッションアイテムのご紹介をさせていただきます!

 

突然ですが皆さまは、ウルトラセブンの変身アイテムである『ウルトラアイ』が、

撮影当時の製作事情により“複数のタイプ”があることをご存じでしょうか?

 

その複数ある『ウルトラアイ』の微妙な違いに着目し、2種類の眼鏡を作り上げたブランドがあります。

国内で最も有名な眼鏡フレームの産地である“福井県鯖江”にあるブランド「青山眼鏡」です。

 

そしてその眼鏡がこちら。

TURI_1923

©A MAN of ULTRA

ジャン。

こちらは第42話「ノンマルトの使者」バージョンのウルトラアイをモチーフにした「US703F」という型の眼鏡。

 

続いて・・・

 TURI_1963

©A MAN of ULTRA

こちらは最終話「史上最大の侵略」角目バージョンのウルトラアイをモチーフにした「US704F」という型です。

 

2つを比べて見てみると・・・ 

レンズのサイドが丸みを帯びているのが「US703F」、角ばっているのが「US704F」と成っています。 

 

こちらの製品は、“日常の世界にウルトラな男を創り出す”をコンセプトに、上質でこだわりのアイテムを多岐にわたって展開する新コンセプチュアルブランド「A MAN of ULTRA」とのコラボアイテムとのこと。

そのA MAN of ULTRA初の眼鏡が今回の「ウルトラアイ」モチーフの眼鏡なんだそう。

=>A MAN of ULTRA公式オンラインストア眼鏡アイテム一覧はこちら

 

TURI_1968

©A MAN of ULTRA

標準装備されているのは最近流行の「ブルーライトカットレンズ」

そして耳に掛けるテンプル部分には立体印刷で、ウルトラセブンのボディをモチーフにしたデザインやアイスラッガーがプリントされています。触ると凹凸があり、ただのプリントでは終わらないというところがたまりません。福井県鯖江の職人たちのプライドをひしひしと感じます。

TURI_1969

©A MAN of ULTRA

またフロントとサイド部分をつなぐ、内側の丁番にも、ヒーローを思い浮かばせる“赤”があり、これぞ、「ウルトラな男」のための眼鏡。

フレームのカーブの形状もしっかりと計算されており、逞しさと柔らかさが丁度良いバランス。見ているだけで惚れ惚れとしますね。

 

ただ、この眼鏡。凄いのは見た目だけじゃないんです。

実は、フレームの素材に使われているのは、なんと宇宙ロケットにも使われているような超高級素材。

200℃の高熱にさらされても変形することがない堅牢さと、たった30g程度しかないという軽さを兼ね備えた究極のハイブリッド素材、

その名もカーボチタン。

CT [更新済み]

この素材って眼鏡でよく使われるんですか?と青山眼鏡さんに聞いてみたところ、

「眼鏡にこの素材を使うのは、ウチしかいないんじゃないでしょうかね(笑)」

とおっしゃっていました。なんでも堅牢すぎて、思ったようなフレームの形状に加工するのがかなり難しいとのこと。

熟練された高度な技術力を要するため、眼鏡ではなかなか見られない素材。ちなみにロケット以外だと、レースカーなどにも使われる素材だそうです。

 

このカーボチタンの超耐熱性を表すために、同じカーボチタンでできた眼鏡商品を100℃の沸騰したお湯に2分つけてみた動画もあるのでぜひ見てみてください。

個人的には、200℃の高温下にさらされても負けない、とか、こういう非現実的なキーワードに無駄に反応してしまいます。ここでは、200℃の状況下なんて日常生活で出くわす可能性は極めて低い、なんて冷静なツッコミは、いったんなしにしておきましょう。

 

とにかく鯖江の職人の情熱をかけたウルトラな眼鏡。ファンならずとも買いたくなってしまいますね。

ちなみに、気になるお値段は47,000円(税抜)

お値段もプレミアムですね。最高級素材使って、ここまでデザインにこだわっていれば納得。

この眼鏡をかければ半端ない自信がみなぎってくるのは間違いないです。だって宇宙ロケットと同じ素材を身に着けているんですもの。前述したとおり、加工が難しい商品なので、生産できる数量も限定されています。確実に欲しい方はお早目にご注文した方がよさそうです。

 

■最後に

実際にかけてみると意外に顔になじんで、しっくりきます。鼻パッド部分の高いクッション性や、テンプル部分のしなやかさから、どんな顔にもフィットするので、軽いランニング時にも対応可。セリートやケースがこれまた、高級感がありますね。

画像追加E

©A MAN of ULTRA

貴方の一生モンになることは保障します。

ちなみにレンズを近くの眼鏡屋で交換すれば度付き眼鏡としても使えるそうですよ。

=>A MAN of ULTRA公式オンラインストア眼鏡アイテム一覧はこちら

 

そのA MAN of ULTRA初の眼鏡が今回の「ウルトラアイ」モチーフの眼鏡なんだそう。

男の浪漫がたっぷり詰まったBLACK ICE×A MAN of ULTRAコラボ眼鏡、

ぜひ「デュワッ」と装着してみてください。

 

 

#ウルプレのお知らせ】

さて、今回は恒例の #ウルプレ(ウルトラマンプレゼント)企画として、この「A MAN of ULTRA」ブランドより「gonoturn」のマスクをいただきました!

image023 image025

©A MAN of ULTRA

一見普通のペイズリー柄のようですが、一つ一つの柄がバルタン星人の頭部や、ウルトラマンの八つ裂き光輪モチーフのデザインになっています。最近流行のファッションマスクです。

今回は、こちらのマスクを計3名様にプレゼントいたします!

 

応募方法は以下、

(1)Twitterにて

Twitterにて@heros_ultramanをフォローいただき、当該の記事をRT(リツイート)するだけ!

 

(2)Facebookにて

ULTRAMANのファンページを「いいね」し、本記事の投稿をシェア!

 

ページへの「いいね!」&投稿の「シェア」で「gonoturn」のマスクを3名様にプレゼント!「ウルトラセブン」ファン必見!あの「ウルトラアイ」が眼鏡に!?詳しくはこちら→http://heros-ultraman.com/topics/20160331/post-258 #ウルプレ #ウルトラマン #ウルトラセブン

月刊ヒーローズ「ウルトラマン」さんの投稿 2016年3月30日

 

となっております。

応募期限は

2016年4月30日、23時59分まで。

 

みなさん、ぜひご応募ください!

 

それでは、トロでした!

 

 

電子書籍でULTRAMANを読もう!

≪ トピックス一覧へ

コメント







  • 待望の新刊登場!最新10巻好評発売中!
  • 声優内田真礼さんインタビュー映像公開!
  • itunesにて配信中!