TOPICS -トピックス-

2016.05.21

「怪獣・即・殺!」SNS拡散中のヒーロー「レッドマン」を目撃せよ!

 

こんにちは!

こんがり小麦色の少年宇宙人ミミッチです!

 

みなさん!

今、話題沸騰中の「赤いヒーロー」をご存知ですか?

 

その名は

「レッドマン」!

 

n-1793-01

出典:http://m-78.jp/news/n-3780/

今から44年前の1972年(昭和47年)に日本テレビ系の「おはようこどもショー」という番組の中で放送されていた、5分間のヒーロー番組! 

毎週、月曜日から土曜日まで、日曜日以外は毎日、怪獣たちと戦い続けたヒーローです!

熱く、そして「赤い」主題歌を歌うのはヒーローソング御三家の一人、子門真人さん!

(御三家の他2名は、水木一郎さん、ささきいさおさん)

 

「レッドマン」は、はるか銀河の彼方、レッド星雲レッド星から星に乗ってやってきた正義のヒーローです。

身長は42m。

そして体重はなんと3万tです!

 

すごいですねー!

え、何がすごいかって?

3万tです!

 

重い?

いいえ、とっても、軽いんです!

 

身長は42メートルとウルトラヒーローたちとそんなに変わらないのですが、

体重はどのウルトラヒーローよりも軽い!

 

女性で非戦闘員である最も小柄であるウルトラの母(3万2千t)よりも軽いんです!

これは、彼がM78星雲人ではなく、彼がレッド星雲人だからなんでしょうか。

 

そんな、体格的には恵まれていないレッドマンですが、必殺技は、怪獣をぶっ刺すレッドアロー、怪獣をぶった斬るレッドナイフ、怪獣を投げ落とすレッドフォールなど。

光線技をほぼ使用せず、肉弾戦と、武器を使った物理攻撃で、かつてウルトラ兄弟を苦しめた怪獣たちと戦います!

それも、一度に戦う怪獣は1匹ではありません。2匹、時には3匹、4匹を同時に相手にして戦うのです!

 

恐るべきは、レッドマンのそのガッツ

「悪・即・斬!」ならぬ、

「怪獣・即・殺!」といった感じで、

「怪獣」を目撃すると、速攻で襲撃!

5分以内に殲滅します!

 

かつて、イベントで「快獣ブースカにさえ襲いかかろうとした」というのがSNS上でも話題になりました。

 

ちなみに、「ねとらぼ」さんでは以下のように紹介されていました。

説明なしで怪獣をオーバーキルする通り魔ヒーロー「レッドマン」が怖すぎる YouTubeのリバイバル配信で人気が再燃

 

 

そんなレッドマンですが、

 

「レッドマン」って、『ULTRAMAN』と関係ないんじゃない?

 

とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

でも、じつはこの「レッドマン」という名前、実は「ウルトラマン」や「ウルトラセブン」に関わりが深いんです。

ご存知の方も多いかもしれません。

「レッドマン」という名前は「ウルトラマン」の、そして「ウルトラセブン」の企画段階にあがっていた名前なんですね。

由緒ある名前なんですねー!

そういえば、目とか、口元なんかウルトラマンにそっくりです。

 

そして、ウルトラマンシリーズの派生作品であるということは、ギネスブックにも認められているので、このULTRAMANブログ的にも、

 

全く問題なし!

 

そんな、レッドマンの孤高な戦い!

まだ観たことない人、

見・た・い・で・しょ?

 

はい。

 

その「レッドマン」が、今年4月からYouTube「ウルトラチャンネル」(https://www.youtube.com/user/tsuburaya)で配信されています。

月曜日から金曜日まで毎日1本ずつ新エピソードを配信中!

現代では「レッドマン」も週休2日なんですね~! 

(第1話「ダークロン登場」)

 

時流と言いますか、この動画が配信されるや、

 

「すごい」

「怪獣さん逃げて!」

「まさに『赤い通り魔』だ!」

 

と、SNSで話題騒然となりました。

 

そこでミミッチ、考えました。

 

どうして人は、こんなに「レッドマン」の動画に惹かれるのだろうか

 

と。

 

・孤高にして、勇猛果敢なる男、レッドマン。

・小兵でありながら、複数の強敵に肉弾戦で必ず勝つ強靭さ。

・おまけに、週休1日の勤勉さ!

 

うーん、日本人好みですね~。

まるで真田幸村か、源九郎判官義経かといった感じです!

思わず判官びいきしちゃいます! 

 

・そして、その精神性!

 

「戦い」に対する、ストイックで求道的な精神性!

そこに、「美学」のようなものを感じてしまいませんか?

 

そう! 

何かに似ている。

 

これは、サムライ!

 

武士というよりも、むしろ武芸者、武者修行といったほうがいいかもしれません。

 

「仏を見れば仏を殺し、神を見れば神を殺し、怪獣を見れば怪獣を殺す…」

 

まさに、死の道、修羅の道、

冥府魔道をゆくヒーローです!

【参考:Wikipedia子連れ狼 冥府魔道

 

ミミッチ、勝手に断言します。

 

「あかいあいつは、怪獣を倒すことだけに凝り固まった男、赤いサムライである」

 

と。

もっと言いましょう! 

 

「レッドマンは宮本武蔵のような求道者である!」

 

と。

いやあ、凄いヒーローです。

 

ちなみに、レッドマンが毎朝、怪獣と戦っていた1972年はどんな年だったかというと、歴史上、とても特別な年でした。 

いつもより一日多い閏年であり、さらに「閏秒」による秒の追加が年内に2度も(!)あったため、過去最も長かった年なのです。

 

そして、ウルトラ的には、

 

じゃーん!

ace

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/

『ウルトラマンA』放送開始!

 

同じ頃、5番目のウルトラ戦士として、ウルトラマンAが地球を訪れて、異次元人ヤプールが送り込む「超獣」と戦っていたのです。

 

これは、ミミッチの勝手な想像ですが、エースさんが新たなる脅威である「超獣」を倒すのに忙しかったので、レッドマンさんが「怪獣」たちを一手に倒していたに違いない!

 

ありがとう、レッドマンさん!

 

1972年には、他にもいろんなことが起こりましたが、その同じ日に、いつもレッドマンさんは、怪獣を倒しています。

 

・沖縄が日本に返還された5月15日。その裏でレッドマンはゴモラと戦っています!

 

・ウォーターゲート事件が発覚した6月17日には、グロンケン、ザウロス、ステゴンと3匹を向こうにまわしてデスマッチをしていますし、

 

・日本と中国の国交が正常化した記念すべき9月26日には、赤いあいつが、ドラコとゼットン2代目をぶちのめしています。

 

・ミュンヘンオリンピックが開催された8月26日には、一人でグドン、ペギラ、ジラース、レッドキラーの4匹やっつけました。4対1ですよ! これなんて、感動の金メダルものです!誰か、レッドマンさんに金メダルをあげでください!

 

ちなみに、少年宇宙人である僕、ミミッチが地球に来た1972年8月14日には、コダイゴンとゴモラの2匹をやっつけてくれました。

 

ありがとう!

レッドマン!

 

まあ、そんなレッドマンさんなんですが、

僕、個人的にお願いがあります。

 

レッドマンさんって、怪獣だけじゃなくて、宇宙人もバンバンやっつけちゃうじゃないですか。

それだけは、やめませんか。

 

いや、やっぱりね、「宇宙人」だって「人」ですから。

ほら、宇宙にはこんな素敵な言葉があるじゃないですか。

 

「宇宙人同士で争うのはやめよう!」

 

な・ん・て・ね!

 

 

ミミッチでした!

 

……

……

 

あ、誰か歩いてきましたよ。

赤っ……あ!

いや、いまあなたのことを……ブログに……

え!?

ちょっと、

や、やめませんか、僕は怪獣じゃなくって、

宇宙…人……ミミッチ星人……

 

(完)

 

 

電子書籍でULTRAMANを読もう!

≪ トピックス一覧へ

コメント







  • 待望の新刊登場!最新10巻好評発売中!
  • 声優内田真礼さんインタビュー映像公開!
  • itunesにて配信中!