TOPICS -トピックス-

2017.01.14

清水先生の創作原点に迫る!「今月の清水栄一」×「今日の逸品」【第13回】

 

こんばんは。そして、改めまして、あけましておめでとうございます!

さっそくですが、本日の記事は、

謹賀新年☆「今日の逸品」×「今月の清水栄一」スペシャルコラボバージョンとなっております!

※「今日の逸品」はULTRAMAN作者・清水栄一先生が厳選するフィギュアコラム、「今月の清水栄一」は毎月の清水先生のトピックを掲載するという連載企画です。

というのも、本日ご紹介していただく「逸品」には、清水先生ご自身にまつわる深いエピソードがあるのです。

ですので今回は、商品紹介だけでなく、先生の創作の原点となった幼少期のエピソードも交えつつ、お送りしたいと思います!

幼き日の清水先生が衝撃の出会いを果たしたという作品とは!?

そこから始まったホビー人生とは!?!?

ぜひご注目ください!!

――――――――――――――――――――――――

どうも清水でございます。

今回の『今日の逸品』はちょいと趣向を変えまして、

新作『ローグ・ワン』も公開されたというコトで『ボクの人生を変えたスターウォーズ』と題して書かせて頂きたいと思います。


いきなりですが、今の自分があるのは間違い無く、スターウォーズ(以下SW)のおかげと言っても過言ではないんですね。でもそれは作品から多大な影響を受けたとかそういった類ではないんです。

モチロン作品自体も大好きで愛していますし、周囲からは「清水の前でSWのコトを迂闊に話すと厄介だ」と思われてるぐらいではあるのですが、ボクがSWから受けた恩恵はちょっと違う。
(映画を好きになった切っ掛けであるコトは間違いないですが)


それは、今から遡ること数十年前。
確かボクが小学4年ぐらいだったと思います。
そのとき観た『EP6ジェダイの復讐(現 帰還)』に胸ときめかせ、
前2作を観てないにも関わらず、ボクはその世界の虜になってしまったのです。

スピーダーバイクに乗りたい・・・・・

デススターを攻撃したい・・・・・

ライトセーバー振り回したい・・・・・

ジャバの宮殿には行きたくない・・・・・

あのタラコ唇のヤツいいなぁ・・・・なんてコトを毎日考えてました。

そんなある日、運命の出会いがやってくるのです。

我が家はとにかく子供にモノを買い与える家ではなかったのですが、唯一例外がありました。

 

それは『母親の趣味である古本屋巡りに付いてくと、古本を買ってもらえる』です!!

いつもの様に母親にくっ付いて古本屋に行った際、そこでボクは運命の一冊に出会いました。

その一冊とは――――


『月刊ホビージャパン』


しかし、ただのホビージャパンじゃないですよ?

恐らく公開当時に出たであろう、EP6が巻頭特集の号なんです!!
(確かスピーダーに乗ったスカウトトルーパーが表紙だったハズ)
SWへの想いをどこにぶつけていいか分からず、モヤモヤした日々を過ごしていたボクは(要は毎日SWに触れていたいと思ってただけ)すぐさま母上に懇願しました。


『この本が欲しいのでありんす!!!!』


無事に買ってもらったボクは貪る様に読みましたよ。溢れんばかりのSWへの想いを満たすかの様に。

やがてSWの特集も終わり、何となくそのまま読み進めているとボクの目ににとんでもないモノが入って来たのです。 あまりの衝撃にボクの頭はそれを理解できず、
ただただしばらく眺めるコトしかできなかった・・・・と思います。

それは広告に載っていたガレージキット!!

そりゃもうびっくりとかじゃなくて、パニックですよ。
だってね、それまではおもちゃ屋さんに売ってるモノしか知らないんですよ?
それが全てだったんですよ!
なのにね、見たコトもない超絶カッコいいマジンガーZやグレートとかゲッターが存在しているコトを知ったのですよ?

ええ、そうです。

このとき既にボクの頭の中からSWはぶっ飛んでおりました。

だってロボットが大好きなんだモン!!


ガレージキットって値段が高いってイメージがあるじゃないですか?
でもね、当時のボクは小学生のクセに自然と高いと思わなかったんですよ。
『こんだけカッコよくて凄いマジンガーなら高くても当たり前だ』って。
しかもね、調べたらお店は割と近くにあるじゃないですか!!
大阪に生まれて良かったー!と心の底から思った瞬間ですよ。
(当時のガレージキットメーカーである『海洋堂』や『ボークス』さんは大阪だったんです)

その数ヶ月後、お年玉を握りしめボクは、一番近くのボークスさんへと向かいました。

店内に入るとそこは天国。

当時のオモチャやプラモとは圧倒的に出来が違う、
それはまさにテレビで見たプロポーションのロボットやヒーロー達が並んでるのですよ!!


残念ながら目的のマジンガーは売り切れていたので、代わりにガイキングのキットを買いました。
店員さんもまさか小学生がガレージキットを買いにくるなんて思ってなかったのでしょう。
はじめは購入を優しく止められました。しかし、そのときのボクには作れるか作れないかなんて関係なかったんです。とにかく欲しい。その想いだけ。

その熱意が伝わったのか、店員さんも親切丁寧に作り方を教えてくれました。
モチロン、完全に理解なんて出来てませんでしたよ。
でもなんとなく、言われた通り中性洗剤で洗ったりして、分からないなりに作りました。
塗ってるそばから塗料を弾いたりしましたが。
(ガレージキットには離型剤という型から抜きやすくするための油が付いていて、塗装するには洗浄して落とさなきゃなんです)

それからはもう、迷うコト無く突き進むだけでした。

夏休みや冬休みに東京の祖父母の家に行くと、ワンフェスに連れて行ってもらう様にもなりました。

そんなガレージキットとの出会いが、ボクをロボ好きから卒業させなかった所以であります。

だってね、マスからは商品化されない様なモノでもガレージキットなら売ってるんですよ!?
鉄巨人もサーバインもブルーナイトも!!(分からない人は調べてね!)
常に新商品は出るし(当時は)、ワンフェスだってある。

だから『ロボやヒーローが好き』という想いを継続させ続けるコトができ、結果、今の仕事へと確実に繋がったというワケです。

と、長々と書いてまいりましたが、そんなワケでしてSWこそがボクの原点であり、今の自分がある所以となります。


最後に取ってつけたかの様ではありますが、SWの逸品をご紹介させて頂きます。


米国のANOVOSというレプリカ商品を販売しているメーカーさんの

カイロ・レンのレプリカマスクです。

003

002


さすがレプリカマスク。出来は凄いです。

以前、タカラトミーさんから一般販売されたハズブロ製マスクと比べても一目瞭然です。(このマスクも出来は良いですけどね!)

003

注※左がANOVOS製 右がハズブロ製


ちなみにボクはコスチューム一式のセットで購入しましたぜ!!

(しかしコスチュームはまだ届きません・・・。マスクだけが先行して送られてきました)


そんな感じで今回の今日の逸品はこれにて~。

 

―――――――――――――――――――――――

清水先生、アツいエピソード&商品紹介、ありがとうございました~~~!!!!

 

清水先生がホビーのエキスパートというのは以前から知ってはいたものの、こうした幼少期の出会いがあったというのは、初耳でしたね!!

そして、最後にも書かれてありますが、先生はカイロ・レンのマスクだけでなく、全身コスチュームをご購入されたそう!!!!

マスクでこのクオリティですから、全身一式揃った日には、もう、本物か!?と見紛うレベルなのでは??

「そのコスチュームも見たい!!」という方、ぜひぜひコメントください!

 

以上、「今日の逸品」×「今月の清水栄一」新年特別バージョンでした!

 

「ローグ・ワン」ではディエゴ・ルナばかりを追っていたK口(編集者)でした~!

 

電子書籍でULTRAMANを読もう!

≪ トピックス一覧へ

コメント







  • 待望の新刊登場!最新10巻好評発売中!
  • 声優内田真礼さんインタビュー映像公開!
  • itunesにて配信中!