TOPICS -トピックス-

2017.10.29

必見!ベムラーを追うと『ULTRAMAN』の秘密がわかる!

 

こんにちは、K口(編集者)です。

先日『ULTRAMAN』を読み返していて気付いたことは、

「ベムラーの動きだけをピックアップして見ていくと、様々な謎を解明する鍵が見えてくる!」

ということでした。

ということで、今回は、ベムラー登場シーン別の、超☆重☆要ネタを総まとめ!

これを機に、『ULTRAMAN』第1巻~10巻まで、ぜひとも読み返してください!

 

【初登場シーンですでに“意味深”だった!!】

こちらが、初登場シーンのベムラーです。

こうして改めて見比べてみて初めて気づきますが、そう、現在のベムラーと、デザインがだいぶ違う!

この“変化”にも、何かしらの重要な意味があるはず……!

「何事も引き際が肝心だぞ 早田進」

悟ったような口調に、敵愾心ではない何かを感じ取ることができませんか…??

 

【遠藤には、積極的…??】

進次郎や科特隊以外で、ベムラーが初めてその姿を現したのは、遠藤の前でした。

ベムラーを前にした遠藤も、知らぬうちに涙を流していたりと、深読み要素がたっぷり。

その後も、連続殺人事件の裏に隠された謎を追う遠藤に、

「水面下で始まっている戦争の一端だ」と、わざわざ忠告をするなど、今後の大きな争いを示唆する言動が続きます。

 

【進次郎をわざとけしかけている…??】

レナのコンサートで、初めてアダドと対峙した進次郎。

戦闘態勢が整ったところで、突然現れたのが、ベムラーでした。

進次郎とベムラーが再会したのは、初回の戦闘以来でしたし、アダドとい謎の敵と初対決のシーンで因縁の相手が出てくれば、そりゃ、進次郎でなくとも、

どうして おまえが!? ベムラァァァァァァ!!!!

と、なりますよね。

しかも、こ~んな意味深のセリフまで言われてしまったら、混乱して当たり前。

『きみがウルトラマンになろうとしているから、敵になる』という発言に隠された真意は、3年経った現在の展開と照らし合わせると、なんとなく理解できそうですが……??

 

【ベムラーと、飛行機事故】

第1巻第1話から登場している、飛行機事故の真相について探るうち、

北斗が生存者として関わっていた事実を突き止めた科特隊。

飛行機事故の原因と思われた謎の生命体は、ベムラーのように見えました。

―――が、アダドの言葉を借りるなら、飛行機を破壊しようとしたのではなく、「守ろうとした」ための行為であった、と……。

続いて「目的のためなら、悪役に回るコトすらいとわない」と言及するアダドは、ベムラーの“目的”に気づきかけているのかもしれません。

ベムラーに『鼻が利く』と言われるのも、理解できますね。

 

【北斗との意味深すぎる関係性…!】

北斗の義手をメンテするなど、陰でフォローをしていたヤプール人。

しかし、飛行機事故の生存者であった北斗を、ヤプール人に預けたのは、ベムラーだったのでした。

 

その後年月が経ち、エースキラーとの対決で重傷を負った北斗を、再び引き取ったベムラー。

ニューヨーク編が始まる前に、ともにカムバックします。

 

ベムラーの行動と目的を解明するうえで、北斗との関係性は、今後も鍵になっていくかもしれませんね!

 

今後の展開にもご期待ください!!

 

以上、K口(編集者)でした!

 

 

 

電子書籍でULTRAMANを読もう!

≪ トピックス一覧へ

コメント







  • 待望の新刊登場!最新10巻好評発売中!
  • ULTRAMANグッズ一覧
  • itunesにて配信中!