TOPICS -トピックス-

2017.10.31

祝☆『月刊ヒーローズ』6周年!『ULTRAMAN』第1話を振り返ろう!

 

こんにちは、K口(編集者)です。

さて、突然ですが、明日11月1日は、本誌『月刊ヒーローズ』が創刊されて6回目の誕生日です!(つまり、2017年12月号が発売となります!)

同時に、創刊号の表紙を飾った『ULTRAMAN』第1話が掲載されてから、6年が経過するということですね。

「月刊ヒーローズ」2011年12月号・創刊号

というわけで今回は、本誌『月刊ヒーローズ』のお誕生日をお祝いして、

『ULTRAMAN』第1話をレビュー!

したいと思います。

 

さて、第1話の見どころといえば、まずは、物語の世界観にぐぐぐっと引き込む、冒頭のモノローグ!

 

この冒頭数ページを読んだだけで、“確実に歴史が受け継がれた”と確信した方も多いのでは。

当時、読者の方から「何かが始まるワクワク感があった」というようなコメントをいただいたのも、印象的でした!

 

まだ幼かった進次郎が、ウルトラマンパーカーを着ていたのも、めちゃめちゃ萌えましたね!

 

しかしそんな進次郎も、第一話の後半では時が過ぎ、いっぱしの生意気な高校生へと成長します。

同級生たちと恋バナに盛り上がり、学生生活をエンジョイしているかと思いきや……

 

放課後はこっそり、自分の力を試してみたり……。

有り余るパワーと、誰にも言えない秘密を抱え、フラストレーションを抱えていたであろう進次郎。

ここから、進次郎の成長ストーリーは始まりました。

 

 

そして、第1話での最重要人物といえば、この方!

先日記事でも特集させていただきましたが、我らのヒーロー・オブ・ヒーロー、早田進(ハヤタ・シン)でございます!

参考:早田進(ハヤタ・シン)について知っておきたい5つの事実【団塊ヒーロー】

当時は防衛大臣として仕事をこなしていた早田。

科特隊を辞めても国を守る仕事を続けていたというのが、早田らしいといいますか、説得力のある設定だなと思った方も多いはず。

 

そして、第1話の影の立役者は、この方。

“科特隊の良心”こと、キレると怖そうランキングNo.1の、井手さん。

そんな井手さんにアテンドされ『光の巨人記念館』を見学した早田親子。

しかし、少し目を離したすきに、幼き進次郎が3階から転落してしまいます。

目立ったケガはなかったものの、そのことが逆に、早田を不安にさせ―――。

 

そして、自身の過去の秘密と、早田親子に迫っている危険が明らかになります。

 

動揺する早田(&読者)に、冷静に状況を説明する井手さん。

「進次郎がウルトラマンになる物語」は、その何年も前に、こうして始まっていたのでした!

 

ちなみに第一話は無料で試し読みができるってご存知でしたか?

http://heros-ultraman.com

トップページから上記の部分をクリックしてみてください!(PC・スマホ両対応です!)

 

また、6年経っても色あせない「物語のはじまり」を、ぜひ単行本でも!

 

ヒーローズコミックス『ULTRAMAN』第1~10巻、大好評発売中です!

 

ちなみにみなさんの第1巻オススメシーンはどこですか!?

ぜひぜひ、Twitter等でも投稿してくださいね!

ULTRAMAN公式twitterはこちら→ https://twitter.com/heros_ultraman/

 

以上、K口(編集者)でした~!

 

電子書籍でULTRAMANを読もう!

≪ トピックス一覧へ

コメント







  • 待望の新刊登場!最新10巻好評発売中!
  • ULTRAMANグッズ一覧
  • itunesにて配信中!