ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

世界最速上映!アニメULTRAMAN「ワールドプレミア」イベントレポート!

2019.04.02

ANIME&MOVIEEVENT

 

3/31、「ULTRAMAN」世界最速上映開催!

いよいよNETFLIXにて全世界同時配信がスタートしたアニメ「ULTRAMAN」。

その配信直前の3月31日には、監督やキャストが登壇しての特別イベント「ULTRAMAN ワールドプレミア」が、有楽町・丸の内ピカデリー1にて開催されました!

ここでは、神山健治×荒牧伸志 両監督のほか、主要キャストの木村良平さん(早田進次郎 役)、江口拓也さん(諸星弾 役)、潘めぐみさん(北斗星司 役)、諸星すみれさん(佐山レナ 役)、またMCの白石稔さん(白石役)が登壇し、大盛況となったステージイベントの模様をお伝えいたします!

 

OLDCODEXからのビデオメッセージも!

イベントでは第1部としてアニメ「ULTRAMAN」の第1話、第2話の世界最速上映が行われ、第2部では監督やキャストを招いてのトークショーが行われました。

また、そのオープニングでは主題歌「Sight Over The Battle」を歌うOLDCODEXのお二方よりビデオメッセージがお披露目され、観客を沸かせました!


OLDCODEXのYORKE.さん(左)とTa_2さん(右)

メッセージでは、

「空の煌めきみたいなものをシンセサイザーで表しながら、地上の戦闘が多いというところでの重厚感をバンドで表し、何かを問いかけるようなメロディーにできたらいいなと思って楽曲を作成しました」

とのコメントが伝えられました。

そんな二人の思いが込められた主題歌は、7月31日に発売のOLDCODEXの6枚目のアルバムに収録されるとのこと。ぜひアニメ本編とともにお楽しみください。

 

アニメ第1話、第2話を特別上映!

続いてはアニメ「ULTRAMAN」の世界最速上映です!

かつて科特隊としてともに戦った早田進井手の再開、そして早田の息子・進次郎の幼少期が描かれた第1話――。そして突然現れた「始まりの敵」を名乗るベムラーとの戦いを描く第2話が続けて上映されました。

今回のアニメでは、原作コミックのストーリーを踏襲しつつ新たな要素をプラス。特に変身シーンなど原作で描かれていなかった場面をアニメならではの演出で構成するなど、ULTRAMANの世界観をさらに深めた内容となっています。

その迫力の映像と重厚な音づくり、キャスト陣の迫真の演技、次々に展開していくストーリーに、観客も息を飲むほど引き込まれていました。

 

第2部、トークショー

今回、トークショーに登壇したのは神山健治×荒牧伸志 両監督のほか、木村良平さん、江口拓也さん、潘めぐみさん、諸星すみれさんといったキャスト陣。またMCは、レナのマネージャー・白石役を演じる白石稔さんが務められました。

両監督の登壇後、会場の後方より江口拓也さん、潘めぐみさん、諸星すみれさんが客席を通って登壇すると多くの歓声が!

まずは両監督に本イベントの感想が訊ねられ、

神山監督「ドキドキしています。スタッフ全員で2年くらいかけて作り上げてきたものがいよいよ配信されるので、非常に楽しみです」

荒牧監督「(1、2話の上映を)上の席で観ていたのですが、私自身が抑えきれない気持ちになりました。12話では物足りないのでは、と思ったのですが、神山さんと作り上げてきた作品ですし、手前味噌ですが十分楽しめるな、と思いました」

とのコメントが。そしてキャスト陣に話が振られると、

江口拓也「早く続きを見ていただきたいという気持ちでいっぱい!」

潘めぐみ「感無量です。私の大好きなウルトラマンをみなさんに見ていただくことができて…。明日から配信開始ですが、(今から)気持ちがはやっています」

諸星すみれ「(今日のイベントは)想像以上で緊張しているんですけど、みなさんに楽しんでいただけたようですごく嬉しいです」

といったコメントが。

ここで、まだ登壇していなかった木村良平さんを登壇者全員が呼び込みます。

 

スーツを着てのサプライズ演出!

木村さんへの声がけの後、会場が暗転すると、舞台中央の扉から一筋の光が。

サプライズ演出として、ULTRAMANスーツを着ての木村良平さんが登場です!

会場からはどよめきののち、多くのファンの声援が聞こえてきました。

木村さんもそれに応え、

木村「本物ですよこれ。模して作ったんじゃなくて、本気のプロが本気で作った本物のスーツですから、これを声優が着られるというのは本当にすごいし、とても嬉しい」

とコメント。

もちろん本スーツは円谷プロが作った「本物」。また、背中までリアルに再現されたスーツのクオリティに登壇者一同も驚きの声をあげていました。

潘めぐみさんも「素晴らしい、その脊椎になりたい!」と興奮冷めやらぬ様子で述べると、諸星すみれさんも「かっこいいです、本当に輝いて見えます」とそのスーツの出来栄えに驚きの表情を見せていました。

また、マスクを取った素顔の状態で登壇するのはウルトラマン史上初とのことで、登壇者もそれぞれ感慨深い思いをかみしめていました。

 

エースキラー役をサプライズ発表

 

さらに本イベントでは特別発表が!

作中でもキーとなる敵役・エースキラーのキャストが平田広明さんであることがサプライズで明かされました。

江口「ずっと言いたかったんですけどね。本当に〝悪い〟エースキラーです(笑)。最初の収録で、どういう役作りで来るのかと思ったら、監督もびっくりされた様子で」

木村「平田節ですね」

「第一声を聞いたときに、『うわー、キタ――!』と。(私が演じる)エースが本当に勝てるのだろうかと思うほどでした」

とそれぞれが語るように、そのアクの強いキャラクターは必見の模様。平田さんの演技については監督も、

荒牧「(マスクを被り)スーツを着た姿しか出てこないので、(声を当てる)タイミングの自由度があったと思うんですけど、そこをすごく広げていただいて。なかなか最後の敵にふさわしいというか、すごいキャラクターを演じていただいた」

と太鼓判。エース(北斗星司)と死闘を演じる平田さんの演技は本編での注目ポイントとそれぞれが述べられていました。

 

決め台詞は「俺たちが、ウルトラマンだ!」

そんなイベントも終盤になると会場からは惜しみの声が。

その思いを踏まえつつ、4月1日より全13話が一挙配信となる本作に期待を込め、木村さんから締めくくりとして熱い呼びかけが行われました。

その言葉は「俺たちが、ウルトラマンだ!」。

作中で出てくる「俺はウルトラマンだ!」という特別なセリフにかけて、最後は会場一丸となり掛け声が行われました。

およそ1時間半に渡るイベントはこれにて終演。大いに盛り上がった会場では、終演後も多くの観客の声援が響き渡っていました。

 

いよいよNETFLIXにて配信開始となったアニメ「ULTRAMAN」。

そのヒーローの歴史は今、新たな一歩を踏み出し始めたのです。

https://anime.heros-ultraman.com

PAGE TOP