ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

【青柳尊哉の徒然なるままに vol.14】「兄弟の絆」の話

2019.01.09

COLUMNTOPICS

 

大好評! 連載コラム第14回は青柳さんの思う「兄弟の絆」のお話!

 

改めまして明けましておめでとうございます、編集担当のHです。

本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

さて前回、青柳さんに「ULTRAMAN」の名シーンのお話を伺いましたが、やはり各エピソードに描かれる人間模様(異星人模様)は本作の醍醐味ですね。

そしてまさかの倉田推し

ちなみに過去に「ULTRAMAN」の人気投票を行ったことがあるのですが、その時の倉田は24人中22位でした。

倉田、残念!

 

さて、話を戻して今回は青柳さんに「兄弟の絆」について伺いたいと思います。

「ウルトラマン」といえば「兄弟」「絆」が根底に流れるテーマですが、ご自身も弟を持つ青柳さんは兄弟をどのように思っているのか?

それでは早速まいりましょう、青柳尊哉の「兄弟」論、新春開幕です!

 


 

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いします☆

 

2019年が始まった訳ですが、皆さんは年末年始どの様に過ごされたんですかね?

ぼくは確実に寝正月だったことでしょう。(この原稿は2018年の年末に書いています)

正月に実家へ帰省する事がほとんどないので、大抵飲み過ぎた31日の疲れを1月1日に癒す。

という感じです。きっと今年もそうなる。

人が少なくなった感じがする東京も意外と悪くないなと、毎年思うわけです。

 

さて今回のテーマ【兄弟の絆】

絆:きずなきづな)は、本来は、犬・馬・鷹などの家畜を、通りがかりの立木につないでおくための綱。しがらみ、呪縛、束縛の意味に使われていた。「ほだし」、「ほだす」ともいう。

人と人との結びつき、支え合いや助け合いを指すようになったのは、比較的最近である。

 

比較的最近がいつかは分かりませんが、絆の意味を調べるとこう書いてある。

支え合い助け合いのエピソードなんて話すもんでもないし、兄から見た弟たちをかいてみましょうかね。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、僕は4人兄妹の長男で、弟弟妹という構成。

年齢差は2-2-4となっています。

弟2人は結婚しまして、兄妹はさらに増えました。

 

『4人は多い!』

 

以前も少し触れましたが、子供の頃はとても恥ずかしかったというか、腹立たしかった。

4人なのに4人多い!ってことは、誰かいらないって言われている様で。

 

次男はどんなやつかと考える。

とても頼りになる男。頭の使い方が僕とは違うし知識の幅も広い。

頑固。兄を頑固と言うが、いつもお前の方が頑固だ!と兄は思っている。

そして、中々のどぢ。奥さんに見捨てられないかと心配になる。

一番近くて一番遠い存在。

 

三男坊

『三男坊』という言葉がしっくりくる。

東京で一緒に暮らしていた時代がある。

不利益な事が降りかかる事が多い。

『えー、マジかー…』と言いながら応えてくれる。

未だに真珠みたいに見える瞬間がある。

頭隠して尻が隠せないタイプ。

奥さんに見捨てられないかと心配になる。

兄妹の繋がりを思い出させてくれた存在。

 

似ている。顔も心のあり方も。似てきた。

頑固でワガママで屁理屈と言われた事を証明してやる!となる。

一緒に暮らしていたのは彼女が9才ぐらいまで。

彼女が小学校に上がる頃には学校を辞めてしまった金髪の兄を不思議そうに見ていた。

後からわかった事だけど、長男と話すのは緊張するらしい。

共通の思い出が少ない。

あまり会話をする事はなかったけど妹の事が僕は大好きだ。

彼女だけは誕生を待ち焦がれていた。

 

弟たちの事を思い出そうとしても、彼らは記憶の中にすでにいたから。

最早、『人の記憶に勝手に入ってきやがって!』と怒りすら覚える 笑笑

次男が生まれた時はきっと荒れたと思う。

三男坊が生まれた時は次男にアニキというベテラン風を吹かせていたと思う。

が、どれも記憶にはない。

 

唯一、妹だけは生まれてから共に過ごした時間の全部を覚えている。

自宅に増えていくベビー用品、母が入院して父との男ばかりの生活、病院の廊下、保育器の彼女、真っ白に包まれて眠る姿、学校からダッシュで帰ってベビーベットで眠る彼女が起きるのを待って、泣いてオムツを替えて、げっぷのさせ方を母に教えてもらい、四六時中見ていた。天才に育てようと、物凄い速さで字を教えたし九九も教えた。

母のママチャリに乗せて色んなところへ連れて行った。

妹が結婚する時は大変だろうなと心配になる。兄の壁が高すぎて 笑笑

彼女が僕が兄である理由を教えてくれた。

 

今更兄妹を抱きしめたり、手を繋いだり、そんなんこっぱずかしくて出来ないし、自分が思う彼らってどんなやつかってのも、兄の勝手な考えであって全然違う顔を持って生きていると思う。

でも別にそれでいい。会う度に違う発見があればいい。

それぐらいには離れられない関係らしい。

切り離そうとしても追いかけてくるし、追いかけて行く。

 

『4人は多い!』

 

いや、4人いなきゃ我が家はダメだったよ。

ちょっと感情が昂ぶって話をしだすとスグに鼻がツーンとなって泣いてしまうこの兄妹が僕の一番の支えで自慢ですね。

 

2019年はどんな年になるでしょうか…

とりあえずアニメULTRAMANが楽しみですね☆

 

個人としては期待に応えられる様にと思っていますので、応援よろしくお願いします!

 

青柳尊哉

ということで今回は新春のメッセージとともにと進次郎を描きました!

 

皆さんはどんな一年を願っていますか?

 


 

【担当Hより】

青柳さん、今月もコラム連載ありがとうございます。

泣いた!

泣きましたよ青柳さん!

僕は末っ子で小さい頃は姉にご飯を取られたり兄にプールに沈められたりして兄弟げんかが絶えなかったのですが、そんな青柳さんの心温かな兄さんっぷりを見ていると自然と目頭が熱くなってきます。

なので、これから青柳さんのことを兄さんって呼んでいいですか?

兄さん、ご飯おごってください!

 

ということで、今後は兄弟(僕と青柳さん)でお届けになるかも知れない本連載。

次のネタはこんな感じでいかがでしょう?

「超能力(ウルトラパワー)」について。

ウルトラマンを感じで書くと「超(ウルトラ)人(マン)」

そんなウルトラマンの持つ力は「超(ウルトラ)能力(パワー)」です。

というわけで、青柳さんの思う「超能力(ウルトラパワー)」についてお聞かせいただければと思います。

スプーンを曲げたり透視をしたりじゃなくてもOKです。

青柳さんが体験した「超能力(ウルトラパワー)」のお話をお願い致します!

また、読者の皆さんも、青柳さんに聞きたいことがあったらぜひTwitterなどでリプライくださいね!

それでは次回もよろしくお願いいたします!

 


 

Profile

青柳尊哉(あおやぎ・たかや)

1985年2月6日、佐賀県出身。俳優、アルファセレクション所属。
2016年~2018年「ウルトラマンオーブ」、「劇場版ウルトラマンジード」にてオーブの宿敵・ジャグラスジャグラー役を演じる。特技はサッカー、水泳、アクション・殺陣、料理(イタリア料理・デザートなど)。

 

【最新情報!】

●2/16~順次公開! 劇場映画「アイアンガール FINAL WARS」

青柳尊哉メインキャストにて出演!

出演:明日花キララ、赤井沙希、天木じゅん、青柳尊哉ほか

劇場:池袋シネマロサ、横浜 シネマノヴェチェント、大阪シアターセブン、名古屋シネマスコーレ等

詳細はこちら→https://eiga.com/movie/89926/

 

●青柳尊哉×田口清隆監督企画空想科学ドラマシリーズ【UNFIX】

無料配信中!毎月1日に新しい話を配信予定!!!

第1話「特外との遭遇」は現在YouTubeにて配信中!

 

●3/16~順次公開! 川村ゆきえ、青柳尊哉W主演映画【美しすぎる議員】

出演:川村ゆきえ、青柳尊哉、聡太郎ほか

詳細はこちら→ https://eiga.com/movie/90488/

詳しくはTwitter等をご参照下さい。

 

◆青柳尊哉Twitter

◆公式WEB

http://www.a-selection-pro.jp/actor/takaya.html

PAGE TOP