ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

「ウルトラマンZ」のロボットが「ULTRAMAN」にも登場していた!?

2020.10.10

COLUMN

 

ロボット多数登場の『ウルトラマンZ』!

 

子どもから往年のウルトラファンまでも魅了している『ウルトラマンZ』。みなさんご覧いただいてますでしょうか?

ということで今回は、そんな『ウルトラマンZ』で人気のロボット特空機(キングジョー、ウインダム、セブンガー)と『ULTRAMAN』のキャラクターを比較していきたいと思います!

 

『ULTRAMAN』最新話が掲載された「月刊ヒーローズ」11月号はただいま絶賛発売中! 急展開を迎えていますので、まだご覧になっていない方はぜひお手にとってご覧ください!

 

『ウルトラマンZ』に登場するロボットとは?

 

第1話のあまりの面白さにSNS上でも話題を集め、その評判から、久しぶりにウルトラマンシリーズに帰ってきた人も少なくないという『ウルトラマンZ』、テレビでも話題沸騰ですね!

日本語のおぼつかないウルトラマンZだけでなく、敵か味方かヘビクラ隊長の「俺、なにやってんだ」的あやしい立ち回り、「どした? なま物苦手か~?」でおなじみのヨウコ先輩、「解剖した~い」という美マド(美少女マッドサイエンティスト)ぶりを発揮するユカ……そして、体育会系かと思えば、怪獣の命を奪うことに真剣に悩む主人公・ハルキ

ドラマパートも魅力的なも見どころはいっぱいですが、その一方、特撮パートでは、なんといっても対怪獣ロボット部隊ストレイジの「特空機」(ロボット兵器)が見逃せません!

最近のニュージェネレーション作品ではあまり目立たなかった防衛組織ですが、今回は主人公が属する組織としてガッツリ登場! さらには防衛隊が攻撃で使用するのは戦闘機や光線兵器ではなく巨大ロボットというのも、歴代のウルトラマンシリーズにありそうでなかった「発明」と言えるかもしれません。

また、そんな巨大ロボットがカッコいいヒーロー系合体変形メカではなく、あの「セブンガー」というのも絶妙です。

▲左より、ウルトラマンZ、セブンガー、ウインダム

ちなみに、Zとともに闘う特空機「セブンガー」は『ウルトラマンレオ』に、「キングジョー」と「ウインダム」は『ウルトラセブン』に登場した怪獣がモデルになっています。

子どもたちには新鮮で、お父さん&おじいちゃん世代には懐かしいチョイスですね。

父「お、ウインダムか!」

子「すご〜い! パパは怪獣博士だね!」

なんて、過去の怪獣が登場することで、子どもたちと父親世代、あるいは祖父世代とのコミュニケーションに役立っているという話もチラホラ。お子さんがいらっしゃる方は、ぜひ一緒にご覧いただくのをオススメします。

 

『ULTRAMAN』にもあのロボットたちが登場していた!?

 

さて、これらの特空機のモデルとなった怪獣が、実は『ULTRAMAN』にも登場しているのをご存知でしょうか? 早速ご覧いただきましょう。

●ウインダム

▲特空機2号「ウインダム」。

「ウインダム」の初登場は1967年に放送された『ウルトラセブン』。カプセル怪獣の一匹として登場しました。

ウルトラセブンがウルトラアイを盗まれて変身できなかったりしたときに、かわりに戦うカプセル怪獣3匹のうちの1匹です。

『ウルトラセブン』における設定では、この見た目ながらロボットではなく、メタル星出身の電子頭脳を持った生物という、ロボットと怪獣のハイブリッドな存在でした。

しかし『ウルトラマンZ』では、怪獣ではなく人類が開発したロボット兵器・特空機2号として登場。パワー型の特空機1号「セブンガー」に対して、機動性の優れた機体として、キングジョー ストレイジカスタムが登場する中盤までは、ストレイジの最高戦力となっていました。

このウインダムをモデルにしたキャラクターは、実は『ULTRAMAN』にも登場しています。

どこでしょうか? ……これは、単行本派の方は簡単ですね。

答えはこちら。第76話(単行本12巻)に、諸星のセブンスーツの補助兵装として登場するこの武装バイクが……

なんとロボット兵器に変形!

まさに、セブンとともに戦う相棒(バディ)って感じです! トサカもそっくり!

諸星とウインダムのさらなる活躍に、今後とも乞うご期待です!

 

●キングジョー

▲特空機3号、「キングジョー ストレイジカスタム」。

続いてはこちら、キングジョーです。

『ウルトラマンZ』では、宇宙海賊バロッサ星人が操縦する宇宙ロボット「キングジョー」として登場。それを撃破した後、ストレイジが残された機体を回収し、「キングジョー ストレイジカスタム」として再構築、地球人側の戦力としたものがこの特空機です。

地球外の技術を使用しているため、非常に強力で、パイロットのヨウコ先輩をして「こんな兵器を私たち人間が手に入れちゃって本当にいいのかな」と不安に感じさせてしまうほど。

ちなみにこのキングジョーの初出も『ウルトラセブン』で、14~15話「ウルトラ警備隊西へ」前後編で初登場となりました。

キングジョーはペダン星人のスーパーロボットとして登場し、怪力でウルトラセブンを苦しめました。4つのパーツに分離・合体するところから、「合体ロボットの元祖」とも言われています。

このキングジョーですが、『ULTRAMAN』にはどういう形で登場しているでしょうか。

そのままの名前では登場していませんが……知っている人が見たら一目瞭然ですね。

そう、“暗黒の星”ペダン星人が操る巨大ロボット「黄金の城塞」です。

ニューヨークの街に出現し、圧倒的なスケールの違いで進次郎たちを苦しめました。

こちらの戦いはコミックス10巻に収録されていますので、まだご覧いただいてない方はぜひチェックください!

 

●セブンガー

さてさて、もう一体の特空機がこちらのセブンガーです。

特撮版の初登場は『ウルトラマンレオ』第34話「ウルトラ兄弟永遠の誓い」でした。レオとセブンのために、ウルトラマンジャック(『帰ってきたウルトラマン』)が光の国から届けにきた「怪獣ボール」(カプセル怪獣と同様の存在)がこのセブンガーでしたが、ウルトラマンジャックはこれを届ける最中に凶悪な怪獣アシュランの襲撃を受けて散々な目に……というエピソードです。

怪獣ボール・セブンガーは、最終的にはレオたちの手にわたり、出現したセブンガーは、パワフルな攻撃で強敵アシュランを圧倒するも、タイムリミット1分のために再びボールに戻ってしまいます。

この、たった1話に登場したきり、再登場に恵まれなかったセブンガーが『ウルトラマンZ』では人類の命運をかけて死闘を繰り広げる主役機「特空機1号」として大活躍するのですから、運命とはわからないものです。

このセブンガー、『ULTRAMAN』本編では(まだ?)登場していないのですが、清水栄一×下口智裕先生のTwitterではこんな形で紹介されていました。

 

大型機動兵器七號! カッコかわいいですね!

本編に登場するかどうかは未定ですが、『ウルトラマンZ』ファンなら、その勇姿をぜひ漫画で読みたいことでしょう。

ますます『ULTRAMAN』から目が離せなくなりますね!

これからもぜひ、『ULTRAMAN』をよろしくお願いいたします!

 

さて、最後にみなさんにクイズを一問。

実はウインダムの盟友、カプセル怪獣のミクラス(のような)キャラクターも実は『ULTRAMAN』にこっそり登場しています。

みなさん気づきましたでしょうか?

ヒントは諸星の弟・レイのあたり。秋の夜長、コミックスの中から、探してみてください!

 

PAGE TOP