ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

【青柳尊哉の徒然なるままに vol.41】ULTRAMANで一句!

2021.04.07

COLUMN

 

大好評! 連載コラム第41回は「ULTRAMANで一句!」の巻

 

こんにちは、編集担当のHです。

あばばばばば。

ご結婚おめでとうございます。

いや〜連載も3年? 4年? やってますけど、まさに寝耳に水でしたね〜。

よくテレビで取材を受けている芸能人が「えっ、あっ、いえ、私も報道を見て初めて知ったので…」っていうあの気持ち、僕もようやくわかりましたよ!

 

何はともあれ心機一転、この4月からは新たな気持ちでコラムを盛り上げて参りましょう!

 

ということで今月の青柳さんの連載です! 今回もまたまた新たなチャレンジ企画をお送りします!

題して「ULTRAMANで一句」

それではさっそく参りましょう、青柳尊哉のコラムで一句、松島やああ松島や松島や!

 


 

“H氏へ

ULTRAMANで

一句ムズ”

 

 

皆さま、新生活いかがお過ごしでしょうか?

急な環境の変化は心身ともに大変な事なので、自分を可愛がってやって下さい。

一つ、僕が社会に出て恥ずかしい思いをして、その後教えられて良かったことをお伝えします。

 

『パスタはすするな!』

 

です!笑

 

社会に出て、電話対応メール対応お客さん対応…

敬語は過剰になりがちです。

もう覚えなければならない事は山ほどあると思います。

その中に、『会食時におけるテーブルマナー』も含まれてくるかなと思います。

 

一つ一つゆっくりと教えてもらいながら調べながら、学ぶんだと思います。

その中で、『パスタはすするな!』

随分とガッカリされた苦い記憶があります。

 

反対に、マナーや対応一つ一つ、簡単な事で随分得をするんだなと思います。

自分も、敬語は過剰になるしマナーは間違えるので笑笑

無理なく自分のペースで、新生活をエンジョイして下さい。

 

さて、冒頭の一句ですが、一句というには余りにもセンスのない稚拙な五七五です。

 

今回のテーマ、『ULTRAMANで一句』

 

さてと、こういう時に自分というやつがどんなやつかがよく分かってしまって辛い。

 

「ちょっとでも賢くみられたい」

「そんな素敵な文章考えられて凄い、と言われたい」

「独特な世界観だなーと思われたい」などなど…

 

あーーーー!実に小さいな、自分!!

どーして、そうよく見られたがるかね。謎だわ。

 

こういうのはさ、付け焼き刃じゃダメなわけよ。

知らないもの、調べただけ程度じゃスケスケの空っぽなわけよ。結局。

 

テレビでもよくやってるじゃない?

観ながら、お洒落な言葉選びやなー

おれもやってみよーかなー

って思ったさ。

たださ、

 

サッパリわからん!!

 

どんな景色を詠んでるのか分からんもんね笑笑

その程度の感性である自分にもガッカリする…

 

ええカッコしいので、ちょっと調べてみたのよ。

そもそも、『俳句』と『川柳』の差もよく分かっていないので。

知ってる?違い?

 

超簡単にいえば

川柳の方は季語不要(青柳調べ)

 

俳句の方は、ルールの中で自由に遊ぶから個性がより発揮されそうだなー

ルールがあるから自由で奥深い。

 

さて、俳句にしろ川柳にしろ題材が必要だと。

H氏からは「ULTRAMANで」と。

ただULTRAMANの世界を表現しようと思っても、やはり広すぎるなと。

要約したそれっぽい言葉を並べそうだなと思ったので、あるワンシーンをチョイスしようと、そのシーンから想像を膨らませてみよう!

 

で、おれが選んだのが、コミックス第二巻の扉絵

遠藤さんと倉田くんのワンシーンを描いてみた。

このシーン、何を連想しよう。

 

視線の先にいるのは、怪獣か?ウルトラマンか?はたまた…

 

急いで駆けつけたのか?

焦り?ドキドキ?

倉田くんからはやる気を感じるな。初々しさ。

でも、やはり不安は隠せないか。

見透かされてるかな?遠藤さんには。

逞しい先輩の姿。

怖いな〜は隠せないか。

 

視線の先には、期待と不安と

隣には安心感と。

近くて遠い光の巨人…

飛び出す勇気。

春、始まり、期待、不安、夕暮れかこれ?追い風吹いてるかな?向かい風か?

 

“心臓が

早鐘を打つ

四月かな”

 

絶望的に、普通だな笑笑

 

“H氏へ

アンサー俳句

待ってるよ”

 

青柳尊哉

 

 


 

【担当Hより】

“今月も

コラム連載

感謝です

次回は何の

企画にするかな〜”

 

“青柳さん

次回も一句

詠んでみる?

やればやるほど

ボロが出るかな〜”

 

“春すぎて

地元の佐賀に

赴けば

ULTRAMANの

話になりけり?”

 

ということでアンサーしてみました。

なんかラップバトルっぽいですね笑

 

皆さんはいかがでしょうか?

思いついた「ULTRAMANで一句」を投稿いただければ、編集部と青柳さんが全て目を通しますよ!

(Twitterにて #ULTRAMANで一句 をつけて投稿ください)

他にも「こんなULTRAMAN企画が読みたい!」というご意見があれば、ぜひお聞かせください!

→ Twitterでのご意見はこちらより。

みなさまの熱いメッセージお待ちしております!

 

ということで次回は5月、初心に帰って地元・佐賀のお話をお願いいたします!

奇しくも佐賀県立美術館で「TSUBURAYA EXHIBITION 2021」というウルトラマンイベントも開催中とのことなので!

 

それでは次回もよろしくお願いいたします!

 

「ULTRAMAN」16巻、絶賛発売中です!

ご購入は書店・コンビニ・Amazonなどにてお願いいたします!

 

「ULTRAMAN」総集編も全3巻で発売!

 

ぜひこちらも合わせてお楽しみください!

 

 


 

Profile

青柳尊哉(あおやぎ・たかや)

1985年2月6日、佐賀県出身。俳優。
2016年~2018年「ウルトラマンオーブ」、「劇場版ウルトラマンジード」にてオーブの宿敵・ジャグラスジャグラー役を演じる。特技はサッカー、水泳、アクション・殺陣、料理(イタリア料理・デザートなど)。

 

 

◆青柳尊哉Twitter

◆「aLife」公式LINEアカウント

https://page.line.me/111mkyxw?openQrModal=true

 

PAGE TOP