ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

ULTRAMANの「ジャック」が大活躍! なので「帰ってきたウルトラマン」のジャックさんについて語ります!

2017.05.26

TOPICS

 

こんにちは! 少年宇宙人・ミミッチです! 

 

「月刊ヒーローズ 」最新7月号ではジャックさんが大活躍ですね!

ということで今回は、世の「ジャックさん」の中で一番かっこいいジャックさんは誰か!? というのを勝手にランキングさせていただきました!

私事ながら紹介させてください。

ミミッチが思う「かっこいいジャックさんランキングBEST10」です!! 

10位!『ジャックと豆の木』ジャックさん!

9位! お医者さん漫画のブラックジャックさん!

8位! 荒くれ者のバイオレンスジャックさん!

7位! 電撃な戦隊の、ダイヤジャックさん! 

6位! 素敵な海賊! スパロウジャックさん!

5位! 24時間テロと戦うバウアージャックさん!

4位! 『マイティジャック』『戦え!マイティジャック』さん!  あ、「マイティボンジャック」さんじゃないですよ!

3位! 『ウルトラマンG(グレート)』のジャック・シンドーさん!

 そして、

2位ではなく…同率1位は…

 

ジャーン!

1位! 『帰ってきたウルトラマン』のウルトラマンジャックさん! 

 

出典:http://m-78.jp/orb/subtitle/10「ジャグラー死す!」に隠れたサブタイ/

 

そして、もう一つの1位は!

ジャーン!

1位! 「ULTARAMAN」のジャックさん! 

おめでとうございます!

しかし、いずれのジャックさんたちも格好いいですねえ! 

もちろん、ULTRAMANスーツを着用したジャックさんもカッコイイです!

こっちのジャックさんも、うーん、ダンディ!

 

かねてから、進次郎たちに優しい先輩風を吹かせていたジャックさん!

↓こちらの記事ではジャックさんの名言集をご紹介していますので合わせてどうぞ!

参考:【頑張れ】ジャック名言集「こんな先輩がいたら…!」編【新社会人!!】

 

そんなジャック兄さんが、次号6/1発売「月刊ヒーローズ」7月号では、果たしてどのような活躍を見せるのか!

そして、進次郎諸星らはいつ到着するのか!?

うーん、楽しみですねえ!

6月1日、セブン-イレブンにて、「月刊ヒーローズ」7月号の発売をお待ちください!!

 

ところで! ついでに語らせてください!

実は僕、映像版のジャック『帰ってきたウルトラマン』が大好きなんです!

出典:http://www.m78-online.net/shopping/1448421025-967225/ 

もちろん「ULTRAMAN」のジャックさんのモデルは、この『帰ってきたウルトラマン』の「ウルトラマンジャック」さんだと思われます。

漫画同様、「ジャック」と名付けられたウルトラマンがどのように敵を倒すのか、映像作品も見所満載です!

 

しかし懐かしいなあ! 

ミミッチが地球に来て最初に観たウルトラマンシリーズが、『帰ってきたウルトラマン』だったんですよ。

再放送でしたが…いやあ、好きだったなあ、「新マン」さん!

 

え!?

『新マン』ってなんだ!?

ですと!?

 

そうですか…。

もうご存知ない方もいらっしゃるのかもしれませんね。

実はですね、ある頃まで、地球人では『帰ってきたウルトラマン』のことを「新マン」とか、「帰りマン」とか呼んでいたんですよ。

それがどうして、突然「ジャック」と呼ばれるようになったか、ですか?

それ、言っちゃいますか。

いいんですか……じゃあ、言える範囲で……

なぜ突然「ジャック」と呼ぶようになったか……それは…実は…

 

大人の事情です(多分)

 

というのもこのウルトラマンジャックさん、『帰ってきたウルトラマン』の作中では一貫して「ウルトラマン」としか呼ばれていないんですね。だから当時は「帰りマン」「新マン」などと呼ばれていたのですが、それが後々、歴代ウルトラマンが総結集した時に固有の名称が必要になって、急遽ジャックと名付けたとかナントカ…。

まあ、そんな小さな話はさっさと忘れてしまいましょう!

 

はい。

そして、そんな「ジャック」さんの人間態は「郷秀樹」さん! なんてイケメンな名前!

「なーんだ、当時人気のアイドル郷ひろみと西城秀樹の名前からとったんだろ? 安直だなあ」

と思った、そこのア・ナ・タ!

 

違うんです!

 

郷ひろみサンと西城秀樹サンのデビューは1972年!

郷秀樹の登場は1971年!

つまり、こっちのほうが先なんですよ!

 

ちなみにこちらの郷さんには、ハヤタ隊員やモロボシ・ダン隊員の男らしさとはまた違った、シュッとした美青年としての魅力がありましたね。

作中では任務外の日常生活も描かれ、子どもたちからも親しみやすい「お兄さん」といった感じでした。

 (このあたりは『ULTRAMAN』のジャックさんにも受け継がれていますね)。

 

あと、よく聞かれる質問に、

「ウルトラマンさんとジャックさんをどうやって見分けたらいいかわからない」

というものがありますね。

 

心配は無用です! 

「顔」だけを見ちゃうと見分けがつかなくなっちゃうのですが、一番わかりやすいのは、「体の模様」

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/(『ウルトラマン』/『帰ってきたウルトラマン』) 

ジャックさんには赤い模様にフチドリがあんです。それから、腰のあたりの模様が、ウルトラマンさんはハーフパンツのように太もものあたりまで赤くなっていますが、ジャックさんはホットパンツみたいにももの付け根あたりまでが赤い感じになっています。カラータイマーあたりの胸の模様もだいぶ違いますね。

ほかにも首や後頭部の色、など細かい違いはありますが、「フチドリ」があるのが「ジャック」さん。あと、ゾフィーさんについては「肩や胸にポチポチがあるのがゾフィーさん」と覚えていただくと間違いがないです。

 

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/(ゾフィー)  

この初代ウルトラマンさんとは別人の『帰ってきたウルトラマン』ジャックさんですが、当初の案では、タイトル通り、初代ウルトラマンさん本人が地球に帰って来るかも知れなかったそうなんです。

まあ、諸般の都合で若く初々しいジャックさんが地球に来たわけですが、そのおかげで強敵に苦戦して、先輩のセブンさんに助けてもらったりして、他の作品のウルトラ戦士同士がクロスオーバーする伝統が生まれ、、また、ジャック/郷秀樹が人間的に苦悩することによって、数々の名作が生まれたりして人気を呼び、それが『ウルトラマンA(エース)』『ウルトラマンT(タロウ)』…と続く、「ウルトラ兄弟」設定の始まりになったわけで…。

もし初代ウルトラマンさんが再びやってきていたら、違った未来になっていたかもしれませんね。

 

さて、漫画「ULTRAMAN」では、このジャックさん以外にも

『ウルトラマン』(1966年)

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/

その変身者ハヤタの実の息子で「ULTRAMAN」スーツを着るのが、

 

主人公の「早田進次郎」!

 

『ウルトラセブン』(1967年)

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/

その主人公モロボシ・ダンをモチーフにし、

「ULTRAMANスーツVer.7」を着用するのが

「諸星弾」!

 

『ウルトラマンA(エース)』(1972年)

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/

 の北斗星司をモチーフにし、

「ACE SUIT」を着用する

「北斗星司」!

 

『ウルトラマンT(タロウ)』(1973年)

出典:http://m-78.jp/news/n-2641/

の東光太郎をモチーフにし、謎の薬品の影響で不死身の力を手に入れ、手製の衣裳を纏って戦う

「東光太郎」こと「タロウ」!

 

こうして、現在「ULTRAMAN」ヒーローズが、アメリカのニューヨークに集結しつつあります!

 

しかーし!

「ウルトラ兄弟」といえば…誰か足りない気もしますね…

もう一人、「Z」のつく方が…肩や胸にポチポチがあるあのお方のことが気になります…!

出典:http://m-78.jp/ultraheroes/

そう、ゾフィーさんです。

はたして……ゾフィーさん的なキャラは登場するんでしょうか…!?

 

そして、諸星に関係あるらしい、謎の男「レイ」!

こちらも、色々と想像力を掻き立てられるネーミングですよね…。

レイといえば「零」?

…うーん、気になる!

 

ということで!

6月1日発売の「月刊ヒーローズ」7月号を刮目して待ちましょう!

 

待ちきれない方は!

『ULTRAMAN』の登場人物のモデルとなった『ウルトラマン』シリーズを、Amazonプライム・ビデオhuluNetflixなどの映像配信サービスなどでご覧になってみてはいかがでしょうか!

きっと、『ULTRAMAN』の世界がさらに深く楽しめるんじゃないかと思います!

 

それでゅわ!

ミミッチでした! 

バイナウ!

 

 

PAGE TOP