ULTRAMAN

OFFICIAL

NEWS ニュース

【青柳尊哉の徒然なるままに vol.27】俺のフィギュア・プラモデル歴!の巻

2020.02.06

COLUMNTOPICS

 

大好評! 連載コラム第27回は「俺のフィギュア・プラモデル歴!」の話

 

こんにちは、編集担当のHです。そして、

おめでとうございます!

 

ん?

これは何のお祝いでしょうか?

気になった皆さまは、ぜひ本編をご覧くださいませ。

 

さて、今回は青柳さんに「俺のフィギュア・プラモデル歴!」を伺いました。

オトコなら誰しも一度は通る道、そう、フィギュア&プラモデルのお話です。

 

少年時代より紐解かれる、青柳さんの新たな一面とは・・・?

それでは早速まいりましょう。青柳尊哉のプラコラム、いざ開封の儀!

 


 

ハッピーバースデートゥーユー♪

ハッピーバースデートゥーユー♪

ハッピーバースデーディアおれ〜♪

ハッピーバースデートゥーユー♪

 

というわけで35になりました!!

 

さてさて、35歳一発目のお題は…

 

『フィギュア・プラモデル歴』

 

という事で、何から話そうか。

 

そもそも、根暗なんですねおれ。

『コミュ能力が非常に高い』と言われるのですが、がんばってます!

がんばって会話探すタイプです。

そんな本を昔よく読みました。

 

 

『会話が続かないのはあなたのせい?』

『質問力』

『嫌われない為の10のこと』などなど

 

 みたいな本。笑笑

 

まあ、根暗だけど人が嫌いなわけじゃないのでね、話し聞くのとか好きなんだと思います。

飲みに行けば人は居るし、誰かには会いたいんだと思います。

ただ、自分時間があるからね、突然の誘いとかほぼ断りますね。

 

言うなれば【寂しがり屋の一匹狼】ですかね。

 

カッコよく言い過ぎかwww

 

一人の時間がチョーーー好き! 大事! 一人楽! 買い物も映画も食事も基本一人でいい!

人に会うとね、気を使うよね。

例えばさ、仕事上初めましてが実に多いのよ。

初めまして…から先よ、問題は!

 

 

『なんか話した方がいいかな?』

『話しかけられたく無いかな?』

『あれ?何聞けばいいかな?』

『どこ住んでるんですか〜』

『いやいや、いきなり家とか失礼だろ!』

『休みの日何してるんですか〜』

『いやいや、いきなり休みの日って会話下手か!』

『あっ!血液型何型?』

『って…完全に会話困ってる奴だと思われるじゃねーか!』

『えっそもそも話しかけてくれたらいいのにな?』

『こちら応える準備は出来てます!』

 

まあそんなことをグルグル考えて、考えて、考えて、考え過ぎて、外にでちゃうよねwww

 

 

って!!全然本役立ってねーな!

何読んでたんだwww

 

どんどんどんどん気が細くなっていくので、疲れちゃうね、自分に。

そんな甘ったれな35歳も愛して下さい。

 

だから、絵を描いたり字を書いたりする、まあ没頭すると他のこと考えなくていいので非常に楽です。

 

そもそも、パズルを作るのが小さい頃から好きだったのよ。

黙々とピースをはめてゴールがある。

ここ大事!ゴールがある!ということは…

終わりがあるってこと。完成する!

ぬりえもそう。

形の無かったものに命を吹き込む作業。

 

ということで本題。

 

プラモデルを初めて買ったのは小4だったかな。

プラモデル屋さんで、最初はミニ四駆を選びに行ったはずなのにプラモデルを買ったんだよね。

コレが当時通ったプラモデル屋さん。

最初に買ったのは、SDガンダムだったかな、確か。

それ以来、あの二頭身なモノが好き。

 

初めて自分が作った!って手応えがあった。

その上、パズルにもぬりえにも無かったゴールがプラモデルにはあったんだよね。

 

なんと言っても動かせる!!!

 

そう、プラモデルはポージングを決めて360度見られるの!

マジであの感動は忘れられないなあ…

 

あの、フレームから外していく時の緊張感ね。

傷つけた時のテンションの下がりようったら無いね。

ただ、本物とはどうも違うな?

なんかもっと生命力がほしいなって思って、

墨入れ

覚えちゃうよね、すぐに。

墨入れペン買ったなあー。

フレーム外す前に一生懸命溝に墨入れてさ。

そうするとやっぱり見栄えが全然違う!

簡単な作業だけど、子ども心に大仕事をやってしまったって思ったもんなー。

そんで次に、戦車とかとか作ってさ。

城を作ってる時に、ガンプラには無かった芝の装飾品があったの。

 

その時にさ、

 

『おや?これは…ガンダム…もしや…』

 

って気付いて、城の芝生の上に立たせたのよ、墨入れガンダム

そしたらさ生まれたよね、

 

リアルな高低差!!!

 

歓喜です!タカヤ少年!

街にガンダム!!!

それはもうアニメです!!!

アニメの世界が立体となってぼくの学習机の上に!!!

戦車も走らせればそこはもう、カオス!!!

 

 

最高です。

一回、どうしても自分の作ったジオラマ見て欲しく、夏休みの自由研究はダンボールの中に小さなジオラマ作って出したもんねwww

よく許してもらえたわ。

 

そんなプラモ作るの好きだった青柳さん。

上京して

 

『久しぶりにプラモデルでもやろう!』

 

と思ってホビーショップに行ったの。作り甲斐がありそうなプラモ探しに。

 

 

流石東京!!!

見たこともない山積み、キャラクターの数々!!!

ウヒャーーー、どれにしよう?

と店中グルグル回ったよね。

回って回って…ぼくは心が折れて店を出た。

 

ショーケースにさ、作品展示されてるのを見たのよ。

あんんんんまりにも美しくて、オリジナリティ溢れてて…

 

『あぁ…こりゃおれには作れん。』

 

ってなっちゃったのよ。

突き詰めて来なかったから、プラモデル。

手を出しちゃいけなかったんだ、おれみたいなやつが…って。

それぐらい衝撃的だったのよ。

 

そんでさ気付いたよね、

 

『買った方がいいや、完成されてるやつ』

ってwww

 

そんでさ、店を出てさプラプラして見つけたのがゲームセンター!

 

ゲーセンといえば?

 

そうです!UFOキャッチャーです!

そこで出会うんですね〜

 

フィギュア!!!

 

なんか、造形大会のグランプリみたいなやつの作品だったかな。

めちゃめちゃカッコよかったの、ルフィ

欲しくてさ、欲しくてさ、欲しくさ…

 

取れない!!!

 

取れないんですねー、UFOキャッチャー。

 

今みたいにさ、

 

【UFOキャッチャー コツ】

 

とか検索出来れば良かったけど、そんな感じじゃまだ無かったからね。

見事にその日プラモデルを買おうと持っていた分注ぎ込んで終わったよね。

フィギュアの魅力に気づいたのはその時かな。

 

『これ飾りたい!持っていたい!』

 

って、めちゃめちゃ思ったから。

まあ欲しかったそれとは違う別のフィギュアを手にした時にさ、抱きしめたよね。

 

ウエルカムトゥ我が家!

 

スキがない、ぬかりがないフィギュアはそれだけで見てられる。ずーーーっと。

家にいてくれるだけで嬉しいと思う。

 

プラモもフィギュアも意味なんてないかも知れない。

場所を取るだけのやつと思われているかもしれない!

でも伝えたい!!!

少なくとも、彼らが並んでいる姿を見るだけで

 

ぼくらの心は満たされるんだ!!!

 

 

……35か。とりあえず()付けてみるか。

 

青柳尊哉(35)

 

…おぉ…

マジか…めっちゃ大人だ…

嘘だろ?イメージと全然違うな。

 

35とかなりゃ、それはそれはとんでもねー大人なのかと思ってた!!

違うぞ! 少年時代のタカヤよ!!

 

良いか悪いか置いといて、

 

キミは変わらない!

 

変わらないモノですね。いやー変わらない。

身体が硬くなっていくスピードが速くなったことと、日増しにゆっくり動くようになったくらいかな。

 

久しぶりにプラモデル作りたくなってきたなあ〜〜

 

こんなめんどくセー35歳も一つよろしくお願い致します!

 

青柳尊哉

ということで今回のイラストはタロウ

こんなプラモデル、作ってみたい!!

 


 

【担当Hより】

青柳さん、今月もコラム連載ありがとうございます。

そして35歳、おめでとうございます!

ちなみにそんな青柳さんと同じ2月6日生まれの著名人の方って、いっぱいいらっしゃるんですね。

例えば、

●福山雅治さん(1969年2月6日生まれ)

●石塚英彦さん(1962年2月6日生まれ)

●大槻ケンヂさん(1966年2月6日生まれ)

●中田ヤスタカさん(1980年2月6日生まれ)

●市原隼人さん(1987年2月6日生まれ)

故人では

●ベーブ・ルースさん(1895年2月6日生まれ)

●ロナルド・レーガンさん(1911年2月6日生まれ)

●やなせたかしさん(1919年2月6日生まれ)

●ボブ・マーリーさん(1945年2月6日生まれ)

おぉ! そうそうたる面々ですね。

元アメリカ大統領やアンパンマンの作者と並ぶ、我らが青柳尊哉(35)。

ちなみに、福山雅治さんは青柳さんと同じ九州(福岡)出身ですので、いつかこのブログにも登場していただきたいですね。

というか、なんなら今日(2/6)はみなさん合同で誕生日パーティを開きたいくらいです。

今からでも遅くないので、福山さん、石塚さん、大槻さん、中田さん、市原さん、もしこのブログをご覧いただいていたら月刊ヒーローズ編集部までご連絡ください!(本気)

 

さて、話は変わりまして次回のお題です。

次回は3月ですが、そろそろ新しい季節が始まりますね。

ということで次回は、「春の青柳祭り! 尊哉の最新トピック」を伺いたいと思います!

お仕事関連や、皆さんにどうしても伝えたいことなど、青柳さんの最新情報をたっぷり教えていただければ幸いです!

青柳さん、よろしくです!

 

読者の皆さんも青柳さんに聞きたいことがあったらぜひTwitterなどでリプライくださいね!

 

それでは次回もよろしくお願いいたします!

 

「ULTRAMAN」14巻、絶賛発売中です!

ぜひこちらも合わせてお楽しみください!

 

 


 

Profile

青柳尊哉(あおやぎ・たかや)

1985年2月6日、佐賀県出身。俳優、アルファセレクション所属。
2016年~2018年「ウルトラマンオーブ」、「劇場版ウルトラマンジード」にてオーブの宿敵・ジャグラスジャグラー役を演じる。特技はサッカー、水泳、アクション・殺陣、料理(イタリア料理・デザートなど)。

 

【最新情報!】

●青柳尊哉ファースト写真集『a Life』

2020年2月29日発売決定!

詳しくはこちら

●舞台出演決定!

『冬の時代』荒畑寒村役

(作:木下順二/演出:大河内直子)

2020年3月20〜29日@池袋芸術劇場シアターウェスト

チケットは下記にて発売中です。

チケットぴあ
unrato
イープラス
カンフェティ

 

●全国公開中! 映画【影踏み】

篠原哲雄監督

山崎まさよし主演/難波刑事役

詳しくは→ https://kagefumi-movie.jp/

 

●映画【HE-LOW THE SECOND】(高野八誠監督)各地で上映中!

詳しくはこちら

 

●青柳尊哉×田口清隆監督企画空想科学ドラマシリーズ【UNFIX】

毎月1話、YouTubeにて最新話更新中!

【UNFIX】動画一覧はこちら

詳しくはこちら→「UNFIX」公式Twitterをご覧ください。

 

●「浅田弘幸×青柳尊哉×ジャグラスジャグラー コラボイラストアート~ジャグラスジャグラークロニクル~」2種類発売中!(限定品)

【額装付きシリアルナンバー入り/キャンパスアート】
【特典】
①浅田弘幸先生&青柳尊哉さん生直筆サイン入り&
②ジャグラスシャグラーの世界観を表現した
【浅田弘幸(文章)/青柳尊哉(字)】カード
ご注文・詳細はこちら

 

◆青柳尊哉Twitter

◆公式WEB

http://www.a-selection-pro.jp/actor/takaya.html

PAGE TOP